副業の確定申告は大事なんです

サラリーマンや主婦の人達の間で常に話題となっているのが『副業』です。

 

副業とは英語でサイドビジネスと呼ばれ、本業以外に副収入を得る為の仕事=略して副業と呼びます。

 

就労時間が比較的安定しているサラリーマン、それは良いけれど給料は上がらずボーナスは削減するばかり。時間があるのだから、それなら副業して自分のお小遣い位稼ぎましょうという考えです。

 

主婦の方が家事の合間に副業している場合も多く、こちらもお小遣い稼ぎや、主婦ならではのシビアな考えで家計の足しにしたり子供の学費に充てたりしています。主婦の方は努力家なので、案外コツコツ副業している方は多いです。

 

さて本収入が少ない家族にとって副業は素晴らしく、1度始めると無くてはならない存在になります。

 

ですから確定申告をきちんとして、副業が出来なくなってしまった!という事態に陥らない様にして下さい。
確定申告をせず収入ばかりに気を取られていると、それは犯罪の域に達してしまいます。

 

特に何となくネットで副収入を得ている方、気を付けて下さいね。

 

そもそも確定申告って必要なの?と疑問に思われる人もいるかと思います。答えはYESです!

 

しかし所得(収入から必要経費を引いたもの)が20万円以上あるかそれ未満かで対応が変わる事を覚えておきましょう。

 

確定申告する必要があるのは・・・

サラリーマンの場合、年間の副業収入(雑所得)が20万円未満の場合は確定申告は不要ですが、20万円以上になれば確定申告をしなくてはいけません。

 

専業主婦の方の場合、年間38万円(年収入103万円)以下の所得ならば確定申告をしなくてもOKです。逆を言えば、年間38万円(年収入103万円)を超えると、主婦でも確定申告が必要となります。

 

まぁ多少超えた程度では税務調査は来にくいですが、税務調査が入るとかなり厄介です。犯罪にならない為にも、絶対に申告はしておきましょう。確定申告は、税務署で行うことになります。

 

住民税の支払いが一番注意!!

サラリーマンの確定申告ですが、副業の収入を確定申告をすると副業で稼いだ分だけ住民税が増えます。

 

すると給料から天引きされている住民税が給料と関係なく不自然に増えてしまい、会社側が“もしかしてコイツ・・・”と気付くでしょう。

 

従って、副業で稼いだ分の住民税だけ別に払う方法をお勧めします。

 

住民税の欄のところに『住民税の特別徴収か普通徴収にチェックを入れてください』という項目がありますので、ここで、普通徴収を選択すれば大丈夫です。

 

会社側に住民税支払いの通知は行かず、自分自身に請求がいくようになります。

 

 

主婦の場合ですが、年間所得とは収入から必要経費を引いた金額になります。
必要経費とは、例えばアフェリエイトで稼いだ場合、パソコン代やインターネット通信費・文房具代・自宅の一部を使っているなら家賃や電気代・交通費等です。

 

この諸経費は最低65万円まで認められているので、38万円+65万円=103万円となり、年間103万円までの収入は確定申告はしなくてもいいのです。

 

 

良く聞く【103万円の壁】というやつです。これを超えてしまった場合、夫の厚生年金や健康保険の種類によっては自分で国民健康保険や年金に加入する必要もでてきます。良く考えて副業しましょう。会社員の主婦としては、年収を130万円以内に収めるかorこの際頑張って160万円以上稼ぐか、どちらかを選んだ方が賢明かもしれません。

 

⇒ 副業可能なバイトを探す