マイナンバー導入で副業している人はどうなるの?

いよいよ、今年の10月からマイナンバー制度が開始しましたね。

 

順次マイナンバーが記載されたカードが送られているみたいですが、あなたの元にももう届いたでしょうか?

 

マイナンバー制度はもちろん様々なメリットがあり、特に市役所などでの手続きが簡易化したり、税金が正しく納められているかが一目瞭然になるので、税金の未納がなくなり税収が上がるなど、国民に対しても国に対してもメリットがたくさんあります。

 

 

ですが、住民票に誤ってマイナンバーが記載されてしまっており、それを知らずに会社などに提出してしまったなど、マイナンバーが漏洩してしまうようなミスもすでに起こってしまっています。

 

マイナンバーは生涯変わることがないそうで、1度人にばれてしまうと、悪用されてしまうなどの危険性が十分に考えられてしまいますし、ナンバーをしっかりと管理できるかが疑問となっています。

 

 

最近では年金記録などの情報が漏洩してしまうなどのニュースもありましたし、管理側に悪意を持っている人がいれば、番号を漏洩してしまうことは防げる物ではないので、管理する体制と、管理する人間の資質をしっかりと確認下上で行ってほしいものです。

 

 

そんなメリット・デメリットのあるマイナンバーですが、副業している人にとっては、不安な要素をはらんでいるといえます。

 

 

ネットなどではマイナンバー施行前から話題となっていましたが、マイナンバー制度開始にともない、復業していることがバレるのではないかということです。不景気なこのご時世ですので、本業の仕事がありながらもアルバイトなどで副業をしてお小遣いの足しにしたり、家計の足しにしたり、貯蓄したりしている人が多くいます。

 

 

会社員の5−6人に一人は副業しているというアンケート結果もあるくらいです。ですが、副業を容認している会社は結構少なく、会社の規定によって副業を禁止しているところもあります。

 

 

ですので、多くの人は会社に内緒で副業をしていることになります。また、夜のお店など会社や家族に内緒で働いている人も多くおり、風俗など人には知られたくないような内容の副業をしている人もいます。そういった副業をしていることを隠して働いている人が多くいるのですが、マイナンバー制度によってこれらの副業がばれてしまう恐れがあるという情報が出回っています。

 

 

もしも副業していることがばれたら、人によっては懲戒処分になってしまう人もいるでしょうし、家族間でトラブルになってしまうことも考えられるため、マイナンバー制度が始まる前に副業を辞めた人も多くいるそうです。

 

 

マイナンバー開始で副業はバレルものなのでしょうか?

 

 

マイナンバーは行政の仕事の効率化を目的として導入されているため、マイナンバーでの情報は行政内で利用されるため、会社に直接その情報が伝わることはありません。

 

本業の会社でも、副業先でもマイナンバーの提出は義務となっていますが、本業と副業の会社間で情報を共有することはないので、そこから副業をしているということが本業に伝わることはありません。

 

 

通常であればマイナンバー制度によって副業がばれるという可能性は低いと言えます。

 

 

ですが、副業で得た収入に対して確定申告をせずに税金を納めていないとなると話は別です。

 

 

マイナンバー制度によってその人の収入や納めた税金などが分かりやすくなるため、もしも税金を納めていないとなると、税金が未納だということが税務署にばれてしまうことになります。そういった場合、税務署から税金を納めるようにと通知が届いてしまうため、その通知が届く先が自宅に届いてしまった場合、家族にあなたに何らかの収入があることが反面してしまうため、そこから副業をしていることがばれてしまう可能性が出てきます。

 

 

また、副業での収入が多いと、住民税も変わってくるため、その情報は会社の経理の人が見れば会社の給料以外の収入があることは直ぐに分かってしまうため、副業を行っていることがばれてしまう可能性があります。

 

 

 

法律上は勤務時間以外はなにをしても自由なはずですが、会社の規定で禁止されているのであれば、なんらかの注意が入る可能性がありますし、会社からの信頼が落ちてしまうことは容易に想像できます。

 

 

 

マイナンバー制度自体で副業をしていることがばれることはありませんので、あせって副業を辞めることはしなくても大丈夫です。

 

 

ですが、確定申告をしっかりとしておかないとばれてしまう可能性があるのは、マイナンバー制度が始まる前と同じです。

 

 

確定申告などを正しく行っておき、家族や会社に副業がばれることのないように気を付けましょう!

 

 

副業向けのバイト探しはコチラ