副業で小遣い稼ぎが一般的になる日が来る?

最近は、テレビで話題になる程副業する人が増加しています。

 

お給料が少ないサラリーマンや、元々副業する事を前提に残業の少ない本業を探す人もいる様です。

 

副業で稼ぐ額も様々で、月1〜2万円コツコツと稼いでいる人もいれば、副業だけで月数十万稼いでどっちが本業だか分からない人もいます。

 

実際副業を本業にした人や独立する人だっているのですから、今では副業はお小遣い稼ぎではなくなってきていると言えるでしょう。

 

但し本業の会社にばれると注意だけで済まない場合もありますので、あまり大々的に副業しない方が賢明です。

 

ひっそり副業、できたら収入が多い方が嬉しい、更に本業に差支えない様な仕事内容が良い・・・と、副業探しも欲が出てしまいます。では周囲の人は、どのような副業
で収入を得ているのでしょうか?収入額に差が出ますが、人気の副業の仕事内容を調べてみました。

 

こんな仕事が人気の様子!?

在宅ワーク

人気なのがパソコンを使った在宅ワークです。アフェリエイト(ブログやサイトである企業の商品を紹介し、その商品が実際に売れた場合、その企業から報酬が支払われるという広告手法)・せどり(本や中古CD、DVDなどを安く買って高値で売り、利益を稼ぐこと。)が人気となっています。自宅での副業となりますので、時間に縛られず気楽です。いちいち身支度し直して出掛けるという手間が省けるのも大きいポイントだと言えます。思わぬアイデアが高収入となる場合もありますし、時給いくらで働く訳ではないので収入に繋がらないと辛いですが、1度収入があるとやみつきになります。同じパソコンを使った在宅ワークでも、きちんと契約して報酬を貰う働き方もあります。データ入力やWEBライターが人気です。まとまった収入にはならないかもしれませんが、コツコツ自宅で副業タイプの人にはお勧めです。

アルバイト

次はアルバイトとして雇われる副業ですが、多いのはコンビニや飲食店です。仕事が終わってから深夜枠で入れば、時給に換算すると結構な収入になります。仕事が休みの日に丸1日シフトに入るケースもありますが、その方が本業とのメリハリがついて良いという意見もあります。深夜の副業ばかり増やすと本業に差支えが出る可能性がありますから、それは避けたいですね。いくらお金が欲しくても自分の限界を確認しましょう。上記の様に、アルバイトとしてきちんとシフトを入れてしまうと、本業が忙しくなってきた時に精神的苦痛が生じるケースがあります。長期に渡って体調を崩したり、本業に差支えてしまうのです。そうなる事のない様に、日払いバイトでその日だけ収入を得るという働き方をしている方も多いです。1日しっかり働いてその日に給料が貰える日払いバイトは、サラリーマンの副業に最も適しているといえます。日払いだと働いた分だけお金で評価されますので、次もやる気が出ますよ。アルバイト求人サイトを調べると結構日払いや単発のバイトを募集しており、選び甲斐があります。肉体労働が得意ならば、引っ越しや工事現場、警備員等が給料も良く人気があります。肉体労働はちょっと・・・という人は、工場のライン作業が人気です。会社にバレにくいし、淡々と作業すると案外時間が経つのは早いです。冷暖房完備の工場がほとんどなので、快適に仕事できると思います。

 

この様に副業している人はもはや珍しくなく、仕事以外の居場所をしっかりと持っている人とされつつあります。あまり稼ぎ過ぎると確定申告が厄介になりますが、日払いバイトで調整する事も可能なので検討して下さい。

 

 

⇒ 日払いバイトはコチラ