データ入力のバイト・副業詳細はこんな感じ

人気の副業バイトの1つに、データ入力のバイトがあります。

 

普通のバイトだとシフトを組み、決められた時間に仕事場に行って仕事をします。

 

分かりやすいので、その通りに働けばある程度安定した収入を手にする事は出来ます。

 

 

しかしこれが副業となると話は別です。あくまで本業がメインなので、副業にまで時間をしっかり固定すると自分が大変です。気疲れもしますし、体力的に辛くなって身体を壊してしまう事もあります。

 

 

副業のせいで本業にまで支障をきたのは絶対にさけなければいけません。それにシフト制の副業だと、時間に縛られている割に給料が少なくてモチベーションが上がりません。「先月あんなに頑張ったのに、これだけの給料・・?」」とガッカリし、次第に副業をしなくなってしまうのです。

 

 

そんな人達には、是非データ入力のバイトにチャレンジしてほしいと思います。

 

 

バイト求人サイトでもデータ入力の案件は沢山あり、そのほどんどが未経験や資格がなくても採用可能となっています。しかしデータ入力の体験がないにしろ、せめてパソコンのタイピングは出来ていた方が良いでしょう。

 

 

 

派遣会社にもよりますが、登録する際に1分に文字を何文字打てるか、正確か否かなどのスキルチェックがあります。

 

 

その結果で自分のレベルに適した職場を紹介してもらえるという訳ですが、あまりに戦力にならないと判断されれば、不採用となる確率が高くなるでしょう。求人サイトを見ると分かるのですが、データ入力のバイトは通勤と在宅の2種類から選択する事が可能です。私は通勤と在宅と双方のバイトを経験しています。

 

 

通勤であれ在宅であれ、基本的な仕事内容は変わりません。派遣先の業者から仕事を依頼されますが、仕分け伝票の入力の様な仕事から、書類を作成するところまで含める場合もあります。

 

 

紙ベースのデータをデータベースに置き換える様なベタ打ちもありますが、営業事務にかかる伝票入力の場合、電話対応も求められるかもしれません。

 

 

この場合は会社に勤務する事となり、在宅では不可能です。会社勤務の場合、派遣先で黙々と作業に励む場合もあれば、雑用や電話対応などの仕事もこなす場合もあります。絶対にデータ入力以外の仕事はしたくない!との思いがあるのならば、応募する際にその旨を伝えましょう。但しただ黙々とデータだけ打つ仕事内容の場合、時給が低い可能性があります。それを納得した上で仕事をした方が長続きすると思います。

 

 

 

 

データ入力のメリットは、とにかく自分のペースで仕事が出来る事です。派遣会社での仕事の場合はある程度時間に縛られますが、それでも平日の夜や土日など、本業が休みの時に副収入を得る事が可能です。

 

 

そして給料形態こそ様々であり、月給制の場合もあれば日払い制を導入している会社も多いです。

 

 

 

その日のうちにお金が欲しい人にとって、とても有難いアルバイトとなるでしょう。今日はこれだけ頑張ったという目安にもなりますから、その分モチベーションも上がりますしね。

 

 

「データ入力のアルバイトなのにわざわざ会社に勤務したくない」という人もいますが、データ入力を在宅で始めると、次第に集中力が下がる傾向にあります。どうしても普段リラックスしている家ですから、“お仕事モード”になりにくいのです。

 

 

 

 

派遣先の会社に行くまではしんどいけど、一旦行ってお仕事スイッチが入れば、集中してデータ入力がはかどります。

 

 

その方がお給料も多いしバイトしている感じがするから好きだという人もいます。しかし小さな子供がいる主婦の方や副業くらい家でマイペースにやりたいと希望する人は、是非在宅でのデータ入力にチャレンジして下さい。

 

 

子供を寝かしつけた後じっくり作業に打ち込む主婦の方や、仕事が終わった会社員の人達が黙々と頑張っています。自宅がそのまま仕事場になる訳ですから、是非時間配分をしっかり組んで取り組んで下さい。慣れればこっちのものです。満員電車にゆられて通勤する訳でもないので、身体的苦痛もありません。副収入の喜びだけでなく、知らない間にパソコンスキルがアップして自信に繋がるなんて事もあります。

 

 

 

但し慣れないうちは、肩こりや頭痛、目の疲れがどっと押し寄せるかもしれません。そしてデータ入力のバイトを実際に体験した私の感想ですが、データ入力はそのスピードこそ大事であり、そしてそれ以上に大切なのが正確さです。

 

 

 

いくらスピードが速くても、誤字脱字が多すぎては戦力になりません。上司から注意され過ぎて自信を失う事もあります。めげそうになっても頑張って乗り越えていけばいつの間にか戦力となり、副業といえど安定した副収入を得る事が可能となるでしょう。

 

 

 

現在の私は、画面をほどんど見る事なく書類のみを見て入力する事が出来ています。こうなると目が疲れにくく、とても楽です。静かな環境でコツコツ出来るので、自分に向いている副業だと思っています。

 

 

副業向けのバイト探しはコチラ