副業主婦が増加中!所得制限リミットまで働く方法

景気が良くなったとは大企業のことばかりであり、ほとんどの家庭が消費税などの増税によって苦しい生活をしていると思います。

 

夫の給料だけで生活が成り立つのは今や昔の話です。

 

今は主婦もパートなどの副業をして家計の足しにしているの人が増えています。

 

しかし、だからこそ注意したいのが所得制限です。

 

これを知らずに稼ぎすぎてしまうと思わぬ出費がかかることがあるので気を付けましょう。
パートであったとしても、一定の収入があると当然税金(所得税、住民税)がかかるようになります。

 

一度は耳にしたことがあるかとは思いますが、103万円の壁・130万円の壁です。

 

103万円の壁って何?

103万円の壁は「所得税控除」の壁と言われています。

 

パートで得た年収が103万円以上となると、その収入に対して所得税がかかるようになってしまいます。
また、103万円以下であれば受けられた配偶者控除もしくは配偶者特別控除を受けることができなくなってしまいます。

 

 

つまり、主婦の収入に所得税がかかるようになるだけでなく、その夫も配偶者控除・配偶者特別控除がなくなるため、控除がなくなる分、収入が減ってしまうことになります。

 

ちなみに2003年まではパートでの収入が103万円以下であれば、夫は配偶者控除と配偶者特別控除がどちらも受ける事ができましたが、2004年以降から配偶者控除の対象となる人は配偶者特別控除の適用がなくなってしました。

 

 

つまり、専業主婦では収入が0円でも103万円きっちり稼いだ人でも夫の控除額はまったく変わらなくなっています。

 

また、主婦の年収が100万円を超えると住民税がかかってくるようになるためそれにも注意が必要です。

 

130万円の壁って何?

130万円の壁は「社会保険料控除」の壁と言われています。

 

これは主婦の年収が130万円を超えてしまうと、夫の扶養からはずれてしまうため、社会保険料(健康保険・年金保険)を自分で払わなくてはいけなくなります。

 

そのため、年収が130〜150万円だと、所得税や社会保険料などによって手取りが減るだけではなく、夫の税金も上がることから、129万円の世帯よりも手取りで損をしてしまうことになります。

 

実際に世帯の年収を多くするためには、主婦の年収が160万円以上でないと損をしてしまうことになります。

 

ですので、年収が103万円以下もしくは130万円以下となるように調整して働いている人が多いため、103万円の壁、130万円の壁といわれているのです。

 

ちなみに、社会保険料を納めることはデメリットだけではなく、当然メリットもあります。
厚生年金を収めていれば、将来年金をもらう際に額が増えますし、健康保険に加入すれば、加入者本人しか適用されない傷病手当や出産手当などを受け取ることもできるようになります。

 

 

しかし、社会保険料が多いのは事実ですし、夫の扶養内で働いている人が多いのが実情です。

 

 

⇒ 主婦でも働けるバイト探しはコチラ